投資対象とプロセス
AG キャピタルは、“独自性”と“革新性”を有し、IPOを目指す中堅・ベンチャー企業のビジネス・パートナーとして企業価値創造に取り組んでいます。AG キャピタルのベンチャーキャピタリストが独自にファインディングし、企業評価、デューデリジェンス、マーケット調査等を行い、投資の可否は「投資委員会」で決定します。
投資を実行した中堅・ベンチャー企業に対しては、コンサルティングとモニタリングを行い、企業価値の向上を図ります。
企業家の皆様へ
AG キャピタルは、中堅・ベンチャー企業に成長資金を提供する”インベスター”機能と、ホームドクターとしての”コンサルタント”機能を併せ持つ「企業価値創造型のベンチャーキャピタル」を目指しています。
投資家の皆様へ
成長性の高い中堅・ベンチャー企業への投資機会を提供することを目的に、AG キャピタルは、1986年に第一号ファンドを設立、現在までに21ファンドを設立し、出資金総額は500億円を超えています。

更新日:17/7/24

2017.7.24
株券廃止公告」について
2016.4.1
社名を「AG キャピタル株式会社」に変更致しました。
2008.2.1
2007年IPOマーケットを掲載しました。
2007.11.5
2007年10月31日から3日間
にわたり東京ビッグサイトで
開催されました「中小企業
総合展 2007 in Tokyo」での
当社社長 早野利人の講演資料はこちらをご覧ください。
2007.04.20
2004年12月の第1号に続き
「セカンダリーファンド2号」を
設立いたしました。
2006.07.27
親会社のアイフル(株)と相対
ファンド「AF1号」を設立いた
しました。
AGキャピタル株式会社
Copyright AG Capital Co.,Ltd All rights reserved.